Google広告A(SP)

契約選手が紹介する、イチオシ!TIBHAR卓球製品 ~2020春~

2020年4月28日

Google広告A(PC)




USBケーブルとか、何かの鍵とか、何かを挿す時、向きが決まってるものって多いですよね。
でもあれって、特に意識せずに挿そうとしたら、大概はずしません...?
確率でいえば二分の一なのに。なぜー。
ちなみに私は、夜シャワー浴びて、もはや半分寝ながらスウェットに着替える時も二分の一をよく外します。



【YouTube】IMAPI DIARY 【Twitter】今西健太郎をフォロー 【Instagram】今西健太郎をフォロー

今西健太郎です♪
皆さんこんばんは。

前回、前々回でお届けした、私の「卓球人生におけるキャリア転換期からの学び」、読んでいただけましたでしょうか?
幼少期〜大学生、就活〜社会人に分けて紹介しております。キャリアの在り方についてよく取り沙汰されるこのご時世ですので、1つの参考までにご覧いただけたら嬉しいです( ^ω^ )

参考今西健太郎が、卓球人生におけるキャリア転換期から、私が学ぶこと〜学生編〜

参考今西健太郎が、卓球人生におけるキャリア転換期から、私が学ぶこと〜社会人編〜


今回のテーマは、
「契約選手が紹介する、イチオシTIBHAR卓球製品 ver.2020春」でございます!
まず、「えっ、契約選手なの?」と疑問に思った方、そうなんです。(笑) まだご存知じゃない方も多いはず。

そういった前提も踏まえ、普段はただのサラリーマンである私が、TIBHARさんの契約選手に至るまでの経緯やそのきっかけ、現在は何の用具を使っていて、そこにはどんな考えがあるのか。また、契約選手といった立場で、今のTIBHAR製品ラインナップから、皆さんにおすすめするイチオシをご紹介したいと思います。

ちなみに私、少年時代は非常に飽き性でして。用具をコロコロ変える度に指導者である父によく怒られていました。(笑) 逆に、一通り色々なラバーやラケットに触れてきておりますので、そういった感性は人並みよりは豊富かと思います。(自慢にはなりません)
その点も踏まえ、製品紹介についてはカタログ等で公開されている基本データを基に、私個人の見解も織り交ぜてご紹介しますので、その点は、ご理解、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

ちなみに、契約選手一覧については、下記リンクから見れます。恐縮ながら、海外の錚々たるメンツに肩を並べさせていただいておりますd( ̄  ̄)どやっ

参考TIBHAR契約選手 一覧

TIBHAR契約選手に至るまで

改めて現状について説明すると、私は現在、一般企業に勤めながら友人がとりまとめる東京のクラブチームで卓球人生を謳歌しており、2020年4月1日からは、TIBHARのフレンドリープレイヤー契約選手として正式に活動しております。実際には、昨今の情勢もあり軒並み大会が中止になり、晴れ舞台になる予定だった東京選手権もおじゃんになってしまいましたが...。
いわゆる、ガチの実業団選手ではなかった私が、どういった経緯でTIBHARの契約選手に至ったのか、まずは簡単にご紹介します。

結論からいうと、昨年の12月にLili TVでアップされている、以下の動画がきっかけで話が始まりました。

参考注目の粘着ラバー「HYBRID K1J」を粘着ラバー上級者が使ってみた!

参考「HYBRID K1J」を使って自慢の技術をやってみよう!

参考「HYBRID K1J」を使って自慢の技術をやってみよう!Part2

巷では、「変態動画」とされていた動画ですね。(笑) ありがたい限りです。(笑)

日本におけるTIBHARの販売代理店、株式会社 三英(SAN-EI)の方から村田さんに、微粘着ラバーの新製品、ハイブリッドK1Jの試打動画に関するお話があり、元々粘着ラバーを愛用していた私にお声がけいただきました。
その際、村田さんやSAN-EIの方々と初めてご挨拶させていただき、その後、試し用にということでサンプルをいただく機会がありました。種々の予選が控えていたので、しばらくしてからになりますが年明けくらいからK1Jで練習するようになり、初めてK1Jで挑んだ2月の全関東社会人では、実業団選手等々を倒して初のベスト8入賞。大きい大会で使ってみないとなんとも言えないと思っていましたが、想定以上の好感触でした。
そこから本格的に使用させていただくことをお伝えし、これまでの実績や私の熱意(炎)を鑑みて、TIBHARのドイツ本社にサポートを掛け合っていただき、晴れて契約選手になったというわけです。

動画でも詳しく説明していますので、是非ご覧ください( ^ω^ )

現在の使用用具について

「じゃあ結局、今はなに使ってるの?」にお答えしていきます。

現在の使用用具は以下の通りです。

ブレード:フォーティノパフォーマンス (7枚+2枚ダイニーマカーボン)
フォア:ハイブリッドK1J (MAX)
バック:エボリューションMX-P (特厚)

元々は5枚合板やインナー系ラケットを使うことが多く、社会人になってからはフォアに粘着ラバーを愛用していました。

粘着ラバーは、当たり前ですがテンション系と同じ打ち方では飛ばないので、緊張した場面でもフルスイングできる、不利な展開でも空間を使って自ら時間を作れる、一発ズドンといやらしい球の落差が出せる、しっかり体を使って球の真上を捉えられれば下回転打ちやカウンターでぶち抜ける等、利点がたくさんあります。
その反面、対峙する相手のレベルや戦型、使用球との相性の良し悪しに差が生まれやすい、フィジカル面での消費が激しい等、悩みもいくつかありました。

私が本格的にハイブリッドK1Jを使おうと思った理由が、これらの悩みを解消してくれる可能性を感じたからです。

粘着ハイテンションラバーであるK1Jは、テンション系としての打ち方をすれば楽に飛んでくれ、一発でぶち抜く威力を出せる。粘着系としての打ち方をすれば、しっかりといやらしい球質、弧を描く軌道を作れる。
多少の重量を許容でき、「しっかり振って、自分のボールにして飛ばしたい選手」には、いわば良いとこ取りのラバーだと感じています。あえて難しい点を挙げるとするなら、楽にボールを飛ばしたい人には、好適というわけではないかもしれませんね。

ブレードやバック面については、フォア面とまとめて下の動画で紹介していますので、ぜひご覧ください^ ^

参考現在の使用用具について(5:47~)

イチオシ製品 ブレード編

ここからは、現在のTIBHARラインナップから私が勝手におすすめするイチオシ製品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!まずはブレード編。


↑全てのブレードに施されているマーク。カッコいい...!!!

私自身も使っている「フォーティノ シリーズ」
シリーズに共通して、高軽量・超強力を特徴とする「ダイニーマカーボン」を使用しており、他のカーボン素材と比べて、反発がしなやかでスイートスポットが広い印象です。3種類のブレードがありますので、以下に一覧として紹介いたします。


【左】
フォーティノプロ (¥30,000+税)
5枚+2枚ダイニーマ
ダイニーマ素材はアウターに位置しており、いわゆる非常に飛ぶ、ハードヒッター向けのシリーズ最上位モデルです。

【真ん中】
フォーティノフォース (¥15,000+税)
5枚+2枚ダイニーマ
こちらはダイニーマがインナーに位置しており、プロに比べると反発は抑えた分、しなやかさ、扱いやすさは増しています。攻撃性と安定性のバランスモデルです。

【右】
フォーティノパフォーマンス (¥15,000+税)
7枚+2枚ダイニーマ ※今西使用
合板構成が7枚かつインナーにダイニーマが位置されており、球持ちの良さが半端ないです。他の2つに比べると弾みを抑えた分、安定感と回転量による重みを非常に出せるモデルです。


↑フォーティノシリーズの性能比較表です。

イチオシ製品 ラバー編

それはもちろん、
ハイブリッドK1J 一択!!! なのですが、使用用具紹介のところで既に紹介しているのでせっかくなので別シリーズを。(笑)
「エボリューションシリーズ」です。シリーズには大きく分けて「Sシリーズ」「Pシリーズ」、さらにそれぞれで「MX」「EL」「FX」合計6種類+α(MX-P 50°)の豪華ラインナップです!(´⊙ω⊙`)

これはあくまで私見なのですが、テナジーシリーズの打球感に近いと個人的には思います。また、実際に使用している人からもそういった意見を耳にすることが多いです。
全て細かく紹介すると複雑になってしまうかもしれないので、その中でもおすすめをピックアップ。私自身、バックにMX-Pを使用しておりますが、こちらも動画で説明していますので今回は割愛します。

参考現在の使用用具について(5:47~)

ちなみにTIBHARの契約選手では、打ち合いに負けないMX-Pのその良さから、多くの選手が愛用しています。

【左上】
エボリューション MX-S (¥6,000+税) 硬度:45.7~47.7°
トップシートが硬いSシリーズから、スポンジも高強度のMX-S。自分の力でブンブン両ハンドを力強く振っていく選手には申し分ない打球感触です。相手コートでの伸びが非常に鋭いのが特徴です。

【真ん中下】
エボリューション EL-P (¥6,000+税) 硬度:42.4~44.4°
私自身、2018年に全日本選手権の東京都予選を勝ち抜いた際、バックで使用していました。打球感は比較的柔らかいものの、捉えた分だけしっかりと掴み、ドイツラバー特有のすべる感じもない安定感があるラバーです。

【右上】
エボリューション FX-P (¥6,000+税) 硬度:39.1~41.1°
シリーズで最も柔らかく、打球音が非常に爽快。あまり力を使わなくてもスピードとスピンを両立できる、女性やジュニア、もしくはスマッシュを多用する選手にはもってこいのラバーです。

プレースタイルによる おすすめの組み合わせ

何度も言いますが、見です。(笑)
ご参考までに( ^ω^ )

「幅広いプレー領域で自分でガンガン振っていきたい!フィジカルには自信あり!」
ブレード:フォーティノプロ or フォース
フォア:ハイブリッドK1J or エボリューションMX-S
バック:エボリューションMX-P

「前〜中陣で両ハンドを中心に、守備には安定感が欲しい!コントロール重視!」
ブレード:フォーティノパフォーマンス
フォア:ハイブリッドK1J
バック:エボリューションEL-P

「前陣速攻守をメインに、スマッシュで相手を圧倒したい!打球感重視!」
ブレード:フォーティノプロ
フォア:エボリューションMX-P
バック:エボリューションFX-P

まとめ
〜HPやWebカタログもみてね〜

いかがでしたでしょうか?
これまであまりTIBHARに馴染みがなかった方でも、この記事を読んで少しでも製品を手にとってみたいと感じてもらえていれば幸いです♪

SAN-EI/TIBHARのホームページならびにWebカタログのリンクを載せておきますので、是非一度見てみてください。
ドイツに拠点がある卓球トップブランドということもあり、日本では売っておらずなかなか触れづらい製品が他にはありますが、現在、日本で売られているものの中にも、必ずみなさんにフィットする用具があると思います!

参考SAN-EI /TIBHAR ホームページTOP

参考TIBHAR製品 Webカタログ

契約選手になってまだ日は浅いですが、今後、メーカーのご担当者さんにお願いして、色々なシリーズを試打させていただく予定です。昨今の情勢が落ち着き次第、皆さんにはさらに詳しく、もっと有益な情報をお伝えできるようにしますので、それまで楽しみに待っていてくださいね♪

ちなみに!
「次に出るTIBHARの新作ラバー」についてはですね〜〜〜...、
おっと、危ない危ない。口がすべるところでした(`・×・´)
まだ詳しい事は言えませんが、正直、大いに期待していただいて大丈夫です!d( ̄  ̄)
コロナの影響もあり色々と不透明な状況もあるみたいですが、首を長くして待っていてくださいね。
私のYouTubeチャンネルやコラムを、こまめにチェックしていれば、いち早くレア情報をゲットできる「かも」...!?!? 最下部のリンクからチャンネル登録、Twitterフォローをお願いします!٩( 'ω' )و

それではこの辺で。See you again(^^)/~~~

【YouTube】IMAPI DIARY 【Twitter】今西健太郎をフォロー 【Instagram】今西健太郎をフォロー

Google広告B(PC)




Google広告C(PC)




  • この記事を書いた人

今西 健太郎

皆さん、初めまして。 京都にある実家の卓球スクールで卓球を始め、東山高校、同志社大学へと進学。現在は製薬企業でMR(医薬情報担当者)として東京で働きながら、TIBHAR契約選手として卓球人生を謳歌しております。これまでの経験や挫折から得た学び、マインドを発信します。

-TIBHAR, 寄稿記事, レビュー, 粘着ラバー
-

© 2020 Lilipingpong.com